歯列矯正は非常に痛くて大変であった

私は小学生のころ、担任の先生に、無理やり歯を抜かれてしまって、歯を抜いたあとが悪かったのか、なんと八重歯になってしまった。
歯の根がちゃんと取りきれてなかったからかもしれない。


非常に歯並びが悪くなってしまって、食べるごとに、八重歯が唇に刺さったりして、非常に痛い思いをして食べていた。

こんなに食べるのがつらいとなると、歯列矯正などをしてちゃんと治した方がいいかなと思っていることがある。

歯列矯正をするとなると、非常に高い料金が取られてしまう。

歯列矯正は、医療保険が使えず、自費診察になってしまうため、何十万というお金がかかってしまうのである。歯列矯正で、保険が適用されることもあるけれど、それは本当に機能的に問題がある場合である。
私の場合は、誤って唇をかんでしまうこともあるけれど、特に人体的に問題が発生するわけではないので、きっと医療保険は適用されるのではないかと思っている。しかし、保険が効かないわりに、歯列矯正をすると非常に大変である。
歯に銀の器具をつけるのであるが、これが見た目にも非常に悪い。笑うと歯が銀であるので、何だか美容的には非常にテンションが下がるのである。


また歯が動くのが夜中であったりするので、夜は歯が非常に痛くなるのである。

ひどいときは歯が動いている様子がわかったりするので、夜全く寝られない日が続くこともある。

しかし、これだけ歯列矯正で大変な思いをしてまで歯列矯正をする意味があるかというと、非常にあると思う。
まずもって、この器具が外れたら、美容的には非常に綺麗な歯が手に入るのである。

またちゃんとこの八重歯が治れば、唇を噛むことがなくなるであろう。

歯列矯正をする期間は1年ぐらいはかかると言っている。
その1年間で1ヶ月にい1度ぐらいは定期的に通わないといけないが、ちゃんと通って治せば、前の歯並びがどんなだったかわからないぐらい綺麗な歯並びになることであろう。

それなので、私はみんなに歯列矯正を進めている。

これからは情報探しに特化した総合サイトです。

に関する情報が幅広く集まります。

今探すならこちらの選びをお手伝いします。